スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

Cの世界・16

風邪が治っていないので、頭が上手く回らず、話を書くのがすごく遅くなってます。。。うう、すみません……
とりあえず、ルルの独白です。4話のナナリーと少し被らせてみました。
次はギアス世界! がんばって進めます!! ……風邪も治します。。。





16.罪を背負う、細い背中










あの頃は、何もかもがいっぱいいっぱいだった。
ナナリーを守るために、色々なことをした。
あの子の笑顔を見るために。あの子が笑顔でいるために。

ナナリーが笑ってくれるなら、なんだってした。
離宮にいる時は、綺麗に咲いた花で花束や冠を作って、面白そうな絵本を読んで、寝る前は子守唄を歌って。
枢木にいる時は、震えが止まるまで手を握って、布団ごと抱き締めて、下手だったけれど料理をして、あの子の好きな果物を買って。

辛いことも、悲しいことも、たくさんあったけれど、ナナリーがいてくれるだけで、大丈夫だった。強く、なれた。
自分は弱いけど、でも、ナナリーを守るためなら、強くなれた。

本当は、強くなんてないし、怖くないものなんてほとんどありはしない。離宮の時も、枢木の時も、周りはほぼ敵ばかりだった。
いつ、ナナリーを失うか。いつ、ナナリーを守れずに死んでしまうか。
それら全てが怖かった。恐ろしかった。

でも、離宮では母がいてくれた。
枢木では唯一の友がいてくれた。

守られていると感じる状態。守られても良いと思うことができる状態。怖いものも、吹き飛ぶほど、安心できた場所。

でも、それは長くは続かない。すぐに消えてしまう儚いものでしかなかった。
母は死に、友とは別れ、また守ってくれるものなどない状態。

世界は、優しくない。現実は、悲しいもの。
だから、だからこそ、ナナリーの周りだけは幸せな優しい世界であってほしかった。

あの子が幸せに笑っているなら。
あの子が優しい世界にいてくれるなら。
どんなことでもできたんだ。

あの子は、自分にとって、世界そのものだったから。
あの子が笑っていることが、自分の幸せだったから。
自分がどうなっても良かった。

あの子が幸せならば。あの子の周りが優しいのならば。
そこに、自分がいなくても良かった。

その目的のために、ゼロを作り出した。
ゼロはたくさん人を殺した。
クロウ゛ィスも、日本解放戦線も、シャーリーの父親も、ユーファミアも、一般市民も、軍人も………自身の父親も。

その罪を背負いながら、突き進んだ。
自分の願いを、叶えるために。

世界を変えたかったのは、ナナリーのため。でも、それだけじゃない。自分のためでもあった。
だって、幸せじゃないと、優しくないと、ひどすぎるじゃないか。

あの子は、兄以外何もかも奪われた。
自分は、妹以外何もかも奪われた。

父親に存在を否定されたものは、人並みの幸せをも、求めてはいけないのですか?
父親に捨てられたものは、人並みに生きていたいと思うことも、許されないのですか?
手の内に残ったものを抱いて、そのまま誰にも邪魔されず、ただ幸せになりたいと言う願いも、考えてはいけないのですか?
思い出だけ抱いて、ただ朽ちていけと言うのですか?

そんな世界は、優しくない世界は、壊してしまえ。
そう、考えてしまうのは、罪ですか?

結果的に、ゼロは世界を壊した。

でも、壊れた後の世界はどうなった?
幸せになった?
優しくなった?
それとも、悲しいまま?

あの子は、あの子の周りはどうなった?
笑っている?
幸せにしている?
それとも、泣いている?

悪役が死んで、ハッピーエンドになっているのか?
お姫さまは、幸せに暮らせているのか?

知るのが怖い。知ってしまうのが怖い。
でも、知らないままでは、自分は生きていけない。
知らなくてはならない。自分がおかしたことの結果を。

だから。





ルルーシュは、深く深いところに降り立つ。
周りには、無数の記憶の光。
その中から、一つ、選び出す。
その光は、ルルーシュの手の上で少し瞬いた。それを見る彼の表情は、切なげで。少し、瞳を閉じる。
どうすれば良いかは、分かっていた。
説明することはできないけれど、感覚で理解しているような感じ。
ルルーシュは光に手を添え、そっと瞳を開ける。

赤い鳥が、羽ばたいた。










あの子が、彼が、世界が、幸せになっていてくれるなら
自分は、どうなったっていい
あの子が、彼が、世界が、優しくなっていてくれるなら
自分は、どうなったっていい
だから、だから……


スポンサーサイト

2007.08.11 | | Comments(2) | Trackback(0) | 捏造・長編 / Cの世界

コメント

ルル…。

切ねぇ!切ねぇよ、ルルーシュ!
「この兄妹にいい加減、世界は優しくあってくれ!」と、心底思うよ。
ってか監督インタで谷口は「2期は俺の好きにやらせて貰う」と言ったらしいです。
 えっ?あそこまで好きにやっといて、まだ好きにやってないと?まだ、足らんと?
谷口、どこまでドSなんですか、貴方は!(号泣)

2007-08-13 月 15:49:44 | URL | 紗鳳寺 のえる #- [ 編集]

紗鳳寺のえる様

切なくしてみました。本編でも、ルルは自分の幸せのことを考えてませんよね。いつでも他の人のことを考えて、自分のことは二の次って感じで……あああああ……
もっとこの兄妹に優しい世界になっても誰も文句なんて言いませんよね! むしろなってください!!(泣)

>監督インタで谷口は「2期は俺の好きにやらせて貰う」と言ったらしいです。
………………これ以上どうすると?(にっこり)意味がわからないですよこれ以上どうする気なんだよもっといじめたいってのか!!!?監督ってそこまでドSだったんですか…いい加減にしてくれっ!!
……妹が最終話を見た後で言ってたんですけど、

「ルルーシュの味方って、もしかして視聴者だけになった??」

………望むところだ!!(号泣)二次創作は便利ですよね! だってどんなことだって妄想で解決できるもの☆(←壊れた…)
コメント、ありがとうございました!

2007-08-13 月 22:21:28 | URL | あず #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

あず

Author:あず
ここは、管理人あずによる期間限定女性向け非公式ブログサイトです 公式とは一切関係ありません
サイト内の画像や文章は無断転載、複製、配布等の利用禁止です
基本ルルーシュ至上主義です 

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。