スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

You…

今回も前回同様少しギャグ調です
いえ、このネタは絶対やっておきたかったので…(←)

それでは続きからどうぞー











○You were there -4-








画面がぱっと切り替わる。今度は執務室ではなく、誰かの私室の様だ。
かたかたっとビデオカメラが揺れて、黄緑色の髪が映る。
良し、と言う言葉が聞こえた。どうやら机にビデオカメラを固定したらしい。
ふぅっと言うため息と共に、ビデオカメラの正面にあるソファーに皇帝が座った。


『お前、またそんなもの出して……』
『良いだろう? 何をしようが私の勝手だ』
『………全く』


ため息をつく皇帝の横に座った魔女は、にこりと笑う。
その表情に、最早何を言っても意味がないと悟ったのか、皇帝は苦笑した。


『ルルーシュってば、最終的にはC.C.のやること許しちゃうよね』
『違う、違うぞスザク。許してるんではなく、どうしようもないだけだ』


くすくすと笑って画面に現れたのはゼロの騎士。そんな彼に、魔女はにやりと笑う。


『何だ、羨ましいのか?』
『うーん、羨ましいって言うか、ずるい?』
『……何を言っているんだ。俺はお前のやることに対しても大部分どうしようもないと思っているぞ』
『例えば書類のこととか、か?』
『…うっ、C.C.、そのことには触れないで……』


項垂れるゼロの騎士に、皇帝は笑った。


『そう言えば、はい、コレ』


ゼロの騎士が皇帝に封筒を手渡す。皇帝は中身を知っているらしく、彼の形の良い眉が歪んだ。
その表情に、魔女が首を傾げる。


『何なんだ、コレ』
『…デザインの完成品だ』
『デザイン? 何の?』


皇帝は封筒の中身を取り出して、ソファーの前の机に広げた。魔女とゼロの騎士が、それを見ようと身を乗り出す。


『これって……』
『処刑の時の、ナナリーとシュナイゼルの衣装だ。他の者は拘束服で構わないが、二人はブリタニアの皇族。民衆に分かりやすくするためには衣装を変えるのが手っ取り早いだろう』
『そりゃそうだろうけど、この衣装、よく君が許したね…』
『全くだな。ナナリーが動けないと言っても、少し身動ぎしただけでぽろりと見えてしまいそうだ』


二人の言葉に、皇帝は中身のなくなった封筒をぐしゃっと握りつぶした。


『………仕方がないだろう。ナナリーにあえてこんな、こんな恰好をさせることによってゼロ・レクイエム後のナナリーの処遇を……っ』
『……あ、あのルルーシュ? そんな、泣くほどのことかい…?』
『何を言うんだスザクっ!! ナナリーに! ナナリーにこんな恰好をさせなくてはならない俺の気持ちを考えろっ!! …っく……』

顔を手で覆って泣くのを堪える皇帝に、二人はどうすべきなのか眉を寄せている。
ため息をこぼした魔女が、皇帝の頭をそっと撫でる。


『ゼロ・レクイエムのために、ナナリーと言えど容赦しないと言ったのはお前だろう? 今更、だ』
『………わかっているっ…わかって、いるんだ……』


沈んでしまった皇帝に、ゼロの騎士が苦笑しながらもう一枚の紙を手に取った。


『シュナイゼルに対してはこんな衣装でも平気なのにね』
『…シュナイゼルに関しては、むしろ喜んでデザインを描いたぞ』
『…って、このデザイン君が考えたの!?』
『二つとも、初期デザインは俺が考えた』


魔女もゼロの騎士も苦笑い。
そんな二人が視界に入らないのか、皇帝はデザインを睨みつけた。


『こんな……こんな恰好が、俺がナナリーにしてやれる最後のことだなんて………っ』
『『……………』』


嘆く皇帝を横目に、魔女とゼロの騎士はため息をついたのだった。










Slaves to our destiny.
I recall a melody.

Sing"nonomori"-seasons lit with gold.
Say "nonomori"-legends yet untold.

You were there.
You were there.

スポンサーサイト

2009.05.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 小話

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

あず

Author:あず
ここは、管理人あずによる期間限定女性向け非公式ブログサイトです 公式とは一切関係ありません
サイト内の画像や文章は無断転載、複製、配布等の利用禁止です
基本ルルーシュ至上主義です 

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。