スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

感謝を込めて 4

ルルーシュ追悼“感謝を込めて”第四弾!!
前に書いた1~3の設定とは少し違います
感想に書いた設定(ちょっと修正)をベースにした、25話後ルルーシュ生存ネタ(CルルC)です!!
とりあえず、追悼ネタはいったんここでストップです
またなにか書きたくなったらちょこちょこと書いていきたいと思います
で、今後は少し休憩してから、いつもの通り連載を書いていきたいと思っています
まだ、もうしばらくルルーシュのお話を書いていきたいと思っておりますので、もうしばらくお付き合いいただけると幸いです

ルルーシュ、監督様、ギアスのスタッフ様方。
本当にお疲れ様でした。
ギアスと言うすばらしい作品に出会えたことに、感謝します。
ありがとうございました!!


それでは、続きからどうぞー








○感謝を込めて、君に愛を贈ろう








美しい青空の下で、台車に揺られながらC.C.は笑った。


「―――なあ、ルルーシュ」
「………そう、だな」


独り言かと思われたC.C.の言葉に、頷く声。
C.C.のすぐ横に座りながら、鶴を折っている少年…ルルーシュはC.C.に笑顔を返した。
折り終わった鶴をC.C.に投げながら、ルルーシュは青空を見上げた。


「…………まだ、生きてるなんてな」
「スザク達が知ったらきっと泣くぞ。そして怒る。きっとな」
「まったくだ……なんのためのゼロ・レクイエムだと言われそうだな」
「ふふ……」


あの、ゼロ・レクイエムが完成した日。ルルーシュはあそこで死ぬつもりだった。
己が死ぬことによって、世界が平和になるなら。
己と言う存在が、役に立つなら。
少年は、そのために悪逆となり、世界の憎しみの全てを受けた。
そう、死ぬはずだったのだ。全ての憎しみを持って。
しかし、スザク扮するゼロに刺された後、ルルーシュが目を覚まして見た光景は、いわゆる天国でも地獄でもなかった。
ルルーシュが見たのは、涙を流して己に謝るC.C.の姿だった。


『すまない、……すまない。………これは私のエゴだ。私は、お前に、死んでほしくなかった……だから』
『……C.C.、お前まさか……』
『すまない……。でも、お前は私を愛してくれると約束してくれた。お前は、私に笑顔をくれると言った。…だから、だから………この優しい世界を、一緒に生きてくれ』


あの、ルルーシュが死ぬはずだった日の前日。
眠っているルルーシュに、C.C.は無理矢理コードを継承させた。
コード継承は、不完全な形で完成する。
眠っていたからか。片方にその意思がなかったからか。なぜかはわからない。
C.C.は完全にコードを失うことはなかった。ルルーシュは完全にコードを受け継ぐことがなかった。
2人でひとつ。そう言わんばかりに。
今の彼らは不老不死だ。Cの世界に干渉することもできるし、遺跡の力を使うこともできる。しかし、ギアス能力を誰かに与えることはできなくなっていた。
つまり、コードの継承が不可能と言うことになる。
不死と言う、永遠の牢獄から出ることは叶わない。


「しかし、オーストラリアが永久中立国で幸いしたな」
「確かに。ここには、ブリタニアも超合集国も黒の騎士団も、誰も入って来れないからな」
「私達が入れるのも、マオのおかげだしな」
「マオには感謝しないといけないな」


笑い合う2人。彼らに流れる雰囲気は穏やかなものだ。
彼らが目指しているのは、マオが買ったと言う家。
そこを、拠点にする。


「さて、どうやって調べるかな」
「そうぽんぽんと転がっている訳もないしな」
「まあ、しばらくは世界の様子でも見ながらのんびりやるさ」


ルルーシュとC.C.が探すのはコードの消失方法。
自分が生き残ってしまったと知った後、ルルーシュは約束を果たすと言った。
そう、C.C.が笑って死ねる様に、と。

世界は優しくなっている。
世界は平和になっている。
ルルーシュは、今同じ空の下で頑張っているだろう人達を想う。
会う気はない。会うことを選んではいけない。彼らは、己が死んだと思っているのだから。その死に報いようとしてくれているのだから。
ルルーシュは美しい青空を見上げて、心の底から笑った。


「朝は必ず来る、か。……そうだな。明日は、必ず来るのだから」


未来は、この先にあるのだから。










今まで亡くしていった人達
彼らが残してくれた命を精一杯生きるために、明日を見据える
今まで騙していた人達
彼らの思いに報いるために、もう会うことはない
でも
同じ空の下、ずっと祈ってる
彼らの未来が幸せであるように、と

スポンサーサイト

2008.09.29 | | Comments(2) | Trackback(0) | 中編小説

コメント

あずさんの半分はやさしさ、もう半分はコードギアス(ルルーシュ)への愛で創られている。
そう感じさせられる『感謝を込めて』シリーズでした。
いいぞ、もっとやれ

2008-09-30 火 05:22:17 | URL | #- [ 編集]

コメントありがとうございます!

>30日5時の方
確かに、半分はギアス(ルルーシュ)への愛ですが、もう半分は自己満足のような気もします^^;
でもそう言っていただけて、すっごく嬉しいですww 書いて良かったって思えますww
なのでもう一個書きました(笑)どうですかね?(←)
コメント、ありがとうございました!!


2008-09-30 火 22:57:24 | URL | あず #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

あず

Author:あず
ここは、管理人あずによる期間限定女性向け非公式ブログサイトです 公式とは一切関係ありません
サイト内の画像や文章は無断転載、複製、配布等の利用禁止です
基本ルルーシュ至上主義です 

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。