スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

王を紡ぐ円卓の騎士 -1-

はい! 新しい連載です!! 本当にお待たせして申し訳ありませんでした!!
なるべくテンポ良く進めていきたいと思っていますが、時間が空いてしまうかもしれません。。。
ですが、がんばっていきますのでどうかよろしくお願いします!!

また、これ以降更新した場合は、サーチ様の方に記入いたします
本当は、長いこと空いてしまったので、サーチ様の方への記入はやめようかと思ったのですが、前の記事で、再開したら記入すると書いていたので、一応記入させていただきます


それでは、続きからどうぞ!!






○彼と彼女が出会った日








初めて彼と彼女が出会ったのは、彼が産まれた一週間後。
彼の母は誇らしげに、彼女に彼を見せた。


「どう? 可愛いでしょう。私の息子よ」
「…父親似ではないようだな。お前に似ている」


少しにやりと笑いながら彼女は言う。彼の母は苦笑してから、とても優しい表情を浮かべた。


「…大丈夫。この子が、貴女の次の契約者よ」
「………力が、あるのか?」
「もちろん。…ああでも、この子が貴女を解放するかまでは、分からないけど……」
「まだそんなことを言っているのか?」


彼女はため息をつくと、彼の母を困ったかのように見た。


「それは、古い伝説だろう? 解放なんて、ある訳がない」
「でも、私貴女に会うまでは、貴女の存在自体が伝説だって思っていたわ。だから、ね?」


にっこりと笑う彼の母に、彼女は苦笑するばかり。そうだと良いなと呟いた。
少しうつ向いている彼女の頬に、ふと暖かいものが触れる。なんだと思って顔をあげてみると、それは小さな、小さな彼の手のひら。彼女は一瞬きょとんと目を瞬いてから、ふっと優しく笑った。


「この子の、名は?」
「…ルルーシュって、名前にしたわ。良い名前でしょう?」


彼女はうなずいてから、彼の前に膝まずいた。何百年も前から繰り返している行為。きっと、これから先も繰り返して行くだろう行為。
彼女は目を閉じて、その額を彼の小さな額に合わせた。


「……ルルーシュ。お前と契約を交わす。お前が私の願いを叶える代わりに、私はお前に力を与えよう」


彼女の名はC.C.。このブリタニアに古くから伝説として言い伝えられている魔女。
彼女は、己の願いの代わりに、契約者に力を与える。その力はギアス。
彼女の願いは、この運命から逃れること。
彼女が力を与えるのは、彼女を運命から解き放ってくれる王を探すため手段だから。
もう、自分が何故こんな運命を背負わされたのか、自分が何者だったのか…そう言った事柄の記憶が薄い。
それでも彼女は契約を繰り返す。いつか、いつか叶う日が来ることを願って。


「力が欲しいか? ならば与えよう。ギアスの力を」


彼と合わさっている額から、彼の気持ちが流れ込んで行く。
彼女の長い長い人生の中でも、赤ん坊から契約したのはほんの数回。普通はある程度成長しないと、ギアスの元となる力を宿しているか否かが分からないからだ。そして、彼女を解放する力を持った王かどうかが分かるのも、ギアスがある程度成長してから。
だが、今回は彼の母がいる。そう、彼女の前の契約者にして、未来線を読むギアスを持ったブリタニア帝国皇妃マリアンヌ。
彼の父親であるブリタニア帝国皇帝シャルルも、ギアスの元となる力を宿している。
そんな両親を持った子だからだろうか。普段の契約と、どこかが違う……。
そう思った瞬間、彼の力が弾けた。


「………っ!?」
「C.C.?」


彼の母が少し不安そうに尋ねるが、彼女はそれどころではない。
赤ん坊にしては大きすぎる力。ここまで大きな力は、今まで出会ったことがない。
彼女は彼の額から己の額を離す。


「契約、できたの?」
「……ああ………だが…」


この強大な力に、彼は耐えられるのだろうか? そんな不安が頭を過ぎる。
眉を寄せている彼女に、彼の母は優しく、彼女を抱き寄せた。


「…マリアンヌ?」
「大丈夫。きっと、大丈夫よ。この子は私の子だもの。強く育ってくれるわ」


そんな言葉に、彼女の表情が和らぐ。


「そうだな……」
「それに、C.C.も見守ってくれるんでしょう? この子を」
「…当たり前だ」
「なら尚更大丈夫ね」


優しく笑う彼の母。安らかな表情で眠りについている彼。
二人を交互に見ると、彼女も幸せそうに笑った。










そう約束した相手は もういないけど
約束は 胸の奥底にひっそりと
そして彼女は海を渡る
彼女のたった一人の王を護るために


スポンサーサイト

2008.05.25 | | Comments(2) | Trackback(0) | 捏造・長編 / 王を紡ぐ円卓の騎士

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008-05-26 月 14:23:00 | | # [ 編集]

コメントありがとうございます!

>Sign様
連載始めてみました!いかがでしょうか?…まああんまり始まってもいませんが…^^;
未来線を読むギアスは、「ナイトメア・オブ・ナナリー」のナナリーが持つギアスですが、マリアンヌ様はまさしくあの本のナナリーみたいな感じでナイトメアを操縦していたんじゃないかなーと思っていたので、設定を借りてみました なんて言ったって「閃光」なんですもんねー……なにかありそうで楽しみですww
ギアス本編は……特番とか、やめてもらいたいですよねー……また24・25話が枠に入りきらなくて別枠とかなったら嘆きます。。。本気でそうなりそうだから怖いよぅ……
こちらの2話は、なるべく早めに更新いたしますので、それまでお待ちいただけると嬉しいです
コメント、ありがとうございました!!

2008-05-26 月 23:22:23 | URL | あず #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

あず

Author:あず
ここは、管理人あずによる期間限定女性向け非公式ブログサイトです 公式とは一切関係ありません
サイト内の画像や文章は無断転載、複製、配布等の利用禁止です
基本ルルーシュ至上主義です 

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。